1日あたり

妊婦さんの1日あたりの葉酸摂取量

妊娠すると、ビタミンやミネラルなどの栄養素を妊娠前と比べて多く摂取することが必要になってきます。
特にビタミンB群の1つである葉酸は、妊娠前から授乳期にかけて積極的に摂取する必要があります。
厚生労働省でも、妊娠を計画している女性や妊娠初期の女性は普段の食事と、それに加えてサプリメントなどの栄養補助食品から1日あたり400マイクログラムの葉酸を摂るように呼び掛けています。
これは、胎児の神経管閉鎖障害のリスクを抑える効果があるといわれているためです。

神経管閉鎖障害とは先天性異常の1つで、二分脊推や無脳症などがこれにあたります。
妊娠のごく初期の段階で胎児の神経管の閉鎖が起こり、脳や脊髄の発達が止まることで発症するとされています。
このリスクを抑えるためには、妊娠前から体内に葉酸がたくさん存在する状態であることが理想です。
妊娠を希望する方や妊活中の方は、ぜひ積極的に摂取しましょう。

他にも、葉酸には血を増やす効果があります。
赤血球内のDNAを合成するという重要な役割をしており、不足すると鉄分の不足による貧血とはまた違った、悪性貧血になりやすくなります。
悪性貧血は、赤血球が正常に作られず肥大化してしまい、ヘモグロビンの働きが悪くなってしまいます。
そして、酸素運搬能力が低下してしまうことによって起こります。
特に妊娠中は貧血になりやすいため、葉酸は鉄分とともに必要な栄養素となっています。

葉酸は、名前の通り植物の葉っぱの部分に多く含まれています。
緑黄色野菜やレバーに多く含まれ、他にも豆類、果物や海苔にも含まれています。
しかし、普段の食事のみで葉酸を400マイクログラム摂取することはとても難しいとされています。
その理由は、体内吸収率が約50パーセントしかないためです。
そして水や熱に弱く、調理すると成分が壊れてしまいます。
また、葉酸を含む食品を光の当たるところに置いておくと分解されてしまいます。
そのため、納豆や果物など調理することなく食べられるものから摂ったり、スープやスムージーなど水に溶けても丸ごと食べられるように工夫したりして摂取しましょう。
食品の保管場所にも注意が必要です。
買って帰ったらすぐに冷蔵庫に入れる、また日の当たらない場所に保管するようにしましょう。

もちろんサプリメントから摂取する方法も考えましょう。
サプリメントだと簡単で手軽に摂取できます。
また体内吸収率が約85パーセントあり、食品から摂るよりも効率よく摂取できます。
ただし、必ず決められた量を守って摂るようにしましょう。
過剰に摂取してしまっても胎児の発育が良くなるわけではありません。
1日に1000マイクログラム以上摂取してしまうと、呼吸障害などの症状が出る葉酸過敏症になる可能性があります。

妊娠を希望している方や妊娠中の方は、普段からバランスの良い食事を摂ることを心がけましょう。
そして葉酸を食品やサプリメントから積極的に摂るように心がけましょう。